本文へスキップ

第5回 野球トレーナー塾 in 首都圏案内

趣意
  野球トレーナー塾の目的は検診や現場活動などに参画し、現場と医療をつなぐことができる野球トレーナーの育成です。トレーナーとは「コンディショニングの専門的な能力を有し、選手を適切な方向へ導ける人材」と定義しますので、指導者の方で専門性を生かし選手育成をされたい方も含まれます。選手のレベルアップには専門的能力のある方のサポートが必要ですので、学ぶだけではなく現場で活動ができるよう支援をしていかれればと思います。また、医療機関間の連携も目標の一つで、経験のある医師を受診するシステムが創り上げられればと思います。そのためには診察内容や運動療法を共有化しておくことが必要ですので、その共通認識を図るための学びの場となります。野球現場で活動し野球に関わり続ける志のある方の参加をお待ちしております。
 前回、討論に挙がった医師や理学療法士の評価項目については、コアメンバー中心にまとめることとし、今回から再度、現場や医療施設での症例や事例について情報提供をいただき、そこから討論を進めて参りたいと思います。皆様の活発な発言をよろしくお願い致します。 

日時:315()1945分〜2115
場所:JCHO新宿メディカルセンター リハビリテーション室
テーマ:小・中・高校時代に長期間の投球禁止を経験した大学生投手について
情報提供者:内田幸一トレーナー 帝京大学硬式野球部

参加費:一般2000円、野球共育塾・肩肘疾患研究会会員1000円、学生500
   ※参加費は事前振り込み、懇親会参加費は当日会場にて徴収致します。

懇親会:2130分〜 紅龍 4000      

対 象:資格取得後、野球に携わり5年以上経過している方 定員30
    (野球共育塾または肩肘疾患研究会会員が望ましい)
    ※経験年数が満たない方で、基礎勉強会受講済みの方は可能です 

コアメンバー/星加翔太(船橋整形外科・整形外科医)
                          宮武和馬(横浜市立大学整形外科・整形外科医)
                          岩本航(江戸川病院・整形外科医)
                          米川正悟(東京明日佳病院・整形外科医)
                          中井大輔(八王子スポーツ整形外科・整形外科医)
                          岩垣光洋(読売巨人軍トレーナー、日体協AT、鍼灸・マッサージ師)
                          我妻浩二(江戸川病院、理学療法士) 

アドバイザー/岩瀬毅信(徳島病院・整形外科)、柏口新二(徳島病院・整形外科)
                          能勢康史(NPO法人野球共育塾理事長) 

進行: 工藤建太(野球共育塾事務局・理学療法士)
    濱中康治(JCHO東京新宿メディカルセンター・理学療法士)
    梅村悟(東京明日佳病院・理学療法士) 

主催/NPO法人・野球共育塾http://www.baseball-seminar.com 

協力/東京新宿メディカルセンター 

申し込み/希望される方は「@名前、A所属(市を明記)、B職種、C経験年数(資格取得と野球に携わった年数)、D連絡先(携帯電話・メールアドレス)、E野球との関わり、F懇親会参加有無」を記入の上、3/10()までに下記へメールをお願いします。参加条件に合致しているかどうかを確認し参加の可否について知らせします。

参加費の振込先は、以下の通りです。

<振込先>
 銀行名 : ゆうちょ銀行 
 記号 : 10680
 口座番号 : 36952271
 口座名義人 : 野球共育塾

ゆうちょ銀行以外の金融機関からお振り込みになる場合は下記にてお願いいたします。
 銀行名 ゆうちょ銀行 
 金融機関コード 9900 
 店番 068 
 預金種目 普通
 店名 〇六八 店(ゼロロクハチ店)
 口座番号 3695227
  

連絡先/工藤建太 kenta34ban@yahoo.co.jp