本文へスキップ

2013年東北復興野球交流試合・教室企画

日本野球連盟東北地区連盟
会長 渡辺学

key word:野球の力で未来を拓く

  野球の力で東北の人達に少しでも元気になってもらえることを願い、2011年8月に日本を代表するアマチュアチームが東北に集結し、交流試合及び野球教室を開催しました。今年で3回目となる東北復興のための交流試合および野球教室を日本野球連盟主催により開催致します。社会人・大学の試合だけではなく。関東・東北の甲子園出場経験のある高校の練習試合も行われます(高校の対戦カードの詳細は夏の甲子園予選終了後に決まります)。尚、このプロジェクトは震災復興のために行うものですが、これを機に東北の野球発展につなげられればと思います。野球の底力で復興への希望の道が少しでも開けるよう皆様の力を結集したいと存じますので、交流試合への参加をお願い申し上げます。 


1)目的

「人が集まることで気運を高め、野球を通じて心をつなぐ」
@野球を通じて東北の復興に貢献し、地域間連携の礎をつくる。
Aレベルの高い野球に触れることで、東北の野球の競技力向上に貢献する。

2)目標
@被災地の野球選手や関係者が交流試合の観戦に集い、今後の東北の野球振興につなぐ。
A福島・宮城・岩手の選手・関係者と参加チームの指導者・選手との交流。 

3)活動の軸
・オープン戦として交流試合を行い、その延長線上に野球教室を実施。
@交流試合:社会人・大学の試合、被災地高校×招待高校の試合
A野球教室(交流会):試合を行う社会人・大学チームが地元の中・高校生に指導
B指導者交流会:交流試合参加チームと地元チームの指導者の交流、懇親会など
C被災チームへの支援:練習試合などの高校間の交流、野球教室などの実施

4)主 催 財団法人日本野球連盟・毎日新聞社 

5)主 管 日本野球連盟東北地区連盟
        宮城県野球協会・毎日新聞仙台支局 

6)協 力  公益財団法人全日本大学野球連盟 

7)期日  2013年8月9日(金)〜8月11日(日)3日間(雨天中止)
          8月10日(土) 16:30〜 交流会・懇親会

8)参加料 無料 

9)入場料 無料 

10)会場・使用日
@鹿島台中央球場(宮城県大崎市)    89日、10日、11
A松山野球場(宮城県大崎市)      89
B南郷野球場(宮城県美里町)      89日、10
C涌谷スタジアム(宮城県涌谷町)    89日、10日、11
D松島運動公園野球場(宮城県)         810
E石巻市民球場(宮城県石巻市)           89日、10日、11
F河南中央公園球場(宮城県石巻市)       810日、11
GJR東日本東北(宮城県仙台市)        89日、10日、11
H東北福祉大学球場(宮城県仙台市)     89日、10日、11 

11)過去2年の参加チーム
・参加チームは社会人は都市対抗予選後(6月中旬)、大学は春季リーグ戦後(5月下旬)、高校は  甲子園予選後(7月下旬)に正式決定します。参加の打診は各チームにしております。

社会人(東北):七十七銀行、JR東日本東北、日本製紙
社会人(関東):日本通運、明治安田生命、JX-ENEOSJR東日本、セガサミー
大学(東北) :東北福祉大、東北学院大、仙台大
大学(関東) :東洋大
高校(東北) :仙台育英(宮城)、東北(宮城)、利府(宮城)、聖和学園(宮城)
         盛岡大付属(岩手)、一関学院(岩手)、花巻東(岩手)、専大北上(岩手)
         酒田南(山形)、羽黒(山形)、山形中央、日大山形
高校(関東) :聖望学園(埼玉)、東海大相模(神奈川)、横浜隼人(神奈川)
         国士舘(東京)、東海大菅生(東京)、明秀日立(茨城)、健大高崎(群馬)
高校(被災地):石巻商業、宮城農業、石巻西高校、志津川、塩釜

12)大会役員 
大会名誉会長  市野紀生(日本野球連盟会長)
大会会長    渡邊 学(日本野球連盟東北地区連盟会長)
大会副会長   木村 稔(宮城県野球協会会長)
大会参与    鯨岡秀紀(毎日新聞仙台支局長) 関根 正(毎日新聞福島支局長)
        長尾真輔(毎日新聞青森支局長) 戸島誠司(毎日新聞山形支局長)
        中田博維(毎日新聞秋田支局長) 重長 聡(毎日新聞盛岡支局長)
        松本壹男(福島県野球協会会長) 照井雄一(青森県野球連盟会長)
        後藤成弥(山形県野球連盟会長) 保坂栄(秋田県野球連盟会長)
実行委員長   内海利彦(日本野球連盟東北地区連盟理事長)
実行副委員長  村井秀雄(日本野球連盟東北地区連盟事務局長)
実行委員    鈴木徳四郎・保坂栄・松坂健吾・沼澤誠・新沼悟・土田静雄
        能勢康史・金沢成奉・藤木豊
東北ブロック審判長 杉山幸雄
大会審判長   大崎 正
大会副審判長  井上政喜・星次雄
大会事務局長  古澤吉正
協力会社    ミズノ・松勘工業・JNスポーツ・HEXA(ヘキサ)