本文へスキップ

第2回指導者塾 ご案内

指導者塾指針

1)理念(すべてはここから始まり、ここに帰る)
@「1%の力を結集」するための学び
A日本の未来を担う「人づくり(指導者)」。

 指導者塾は自分のチームの勝利のためだけではなく、社会のために1%でいいから尽力できる人たちが永続して集まる場です。「社会のために尽くせる人財」という理念を若い世代から頭の片隅にあれば「いつか必ず社会活動に参画してくれるはず」という思いから、指導者塾を企画しました。指導者塾のゴールは「自分のチーム(組織)の勝利(成果)だけではなく、地域全体のレベルアップを考え行動できる人」の育成です。指導者塾に参加した若い世代の方々が日本の各地で活動してくれれば利他の心が広がり、それが日本の未来を開く礎になると期待しています。野球は勝負の世界でもありますから、勝つために必要なチームづくりについても併せて学んでいく必要があります。勝つための組織は指導者の人間力そのものですから、基本は人間力でその上に戦術・技術がありますので、指導の根とは何かについて皆さんと討論していかれればと思います。
 野球選手の育成にはいわゆる良い指導者の存在が不可欠ですが、そのためには多くの経験を積む必要があるといえます。真の学びには継続した小人数での討論が重要で、これは近代日本の礎を築いた私塾の在り方をみれば明白です。また、指導者を「目す方向を示し人をくリーダー()」と定義します。したがって、指導者とは野球現場で指導をする監督・コーチだけではなく、全ての分野のリーダーになります。将来的には様々な職種の経験豊富な方々の討論を参加される方々に聞いてもらう参加型の会に展開できればと思います。 

2)ゴール(目指すもの)
★本物との出会い:未来を担う人財が日本の各地で活動するための連携の場。
@指導者育成:指導者塾で得た情報を地域で広めるための若手指導者(学生含む)の育成。
A野球基本の整理:野球の基本を共有して各地で指導を展開。
B野球活性化:野球人口減への施策など子どもの育成。 

3)対象
 野球に関わるの指導者(指導者を目指す学生含む)で年代(小・中・高・大・社会人・プロ)、職種(監督・コーチ・医療従事者・サポートスタッフなど)の垣根を越えた会。本気な指導者を目指す方。 
4)指導者塾の概要
@日時:18〜19時開始、仕事が終わってから参加できる時間帯
A形式:コアメンバーの討論と参加者の質疑の参加型の会(円卓会方式)
B対象:志のある指導者、指導者を目指す学生、専門職
C頻度:年3回(4カ月に1回)
D講師:コアメンバーが軸になり、状況に応じて外部講師にお願い
E場所:首都圏で集まりやすい場所
F主催:既存組織とNPO法人野球共育塾の共催
G参加費:1,000円〜3,000円(講師謝金+会場費)、別途懇親会費4,000
     学生が無料で参加できるよう学生以外の参加者に負担頂く。   

第2回野球指導者塾案内、2017/10/4開催

 野球指導者塾は経験豊富な方々の討論を参加される方々に聞いてもらう参加型の会で、野球に関わる方が垣根を越えて討論し、野球指導の原理について考える場です。指導者を「目す方向を示し人をくリーダー()」と定義します。したがって、参加対象は野球現場で指導をする監督・コーチだけではなく、全ての分野のリーダーになり本気な指導者を目指す方です。 今回はテーマを「子ども育成のための活動」とし、上田誠先生に情報提供を頂き、参加者の皆さんと201711月以降の活動方針について、共通理解を図りたいと思います。子どもの野球人口減への対応は喫緊の課題ですので、大学や高校で実績のあるチームが先頭に立ってリードし、賛同者が集う第1歩になればと思います。今後も野球指導について深く考え活動につなぐ場として継続して開催していきますので、志のある皆様の参加をお待ちしております。 

指導者塾のゴール(目指すもの)
★本物との出会い:未来を担う人財が日本の各地で活動するための連携の場。
@指導者育成:指導者塾で得た情報を地域で広めるための若手指導者(学生含む)の育成。
A野球基本の整理:野球の基本を共有して各地で指導を展開。
B野球活性化:野球人口減への施策など子どもの育成。 

日時・会場/2017年10月4日水曜日 19:00〜20:30
          
横浜市山内地区センター会議室2(1階に図書館、あざみ野駅徒歩3分)    
   
懇親会20:30〜22:30(会場近くの場所)
 

テーマ/子ども育成のための活動方針の共通理解(野球人口減への施策)
        @野球祭の開催:野球検診・野球教室・子ども野球広場(Tボールの遊び)
        A子どもの野球指導者育成の講習会:人間学・医科学を理解した本物の人づくり 

コアメンバー上田誠(慶応高校野球部前監督)
       水谷哲也(横浜隼人高校野球部監督)
       斎藤博久(桐蔭横浜大監督)
       鳥山泰孝(国学院大学野球部監督)
       能勢康史(NPO法人野球共育塾理事長) 

主催/NPO法人・野球共育塾http://www.baseball-seminar.com 

参加条件・参加費/子どものための野球活性化活動に参画される方(学生可) 定員40
         指導者塾:無料 懇親会費:5,000 

参加申込/希望される方は「@名前、Aチーム、B立場(監督など)、C指導者経験年数、D連絡先(携帯電話・メールアドレス)、E懇親会参加の有無」を記入の上、下記へメールをお願いします。〆切は10/月曜日21時としますが、参加者が40名になり次第締め切りますので予めご了承ください。 

連絡先/中野達也(野球共育塾事務局)  jumpman23tn@yahoo.co.jp