本文へスキップ

活動報告report

関東



第1回野球トレーナー塾
日時・会場/2015年5月11日(水)19:3021:30
      東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)別館1階リハビリテーション室    第1回内容/①野球トレーナー塾の指針と展望(能勢康史)
        ②活動報告:トレーナー活動で学んだこと(元新日鉄住金鹿島トレーナー)
       ③競技復帰に向けた現場と医療の連携ー復帰時期の予測(討論)
参加者/48名


10回野球傷害円卓会

日時・会場2014121日月曜日19:3021:30
     東京新宿メディカルセンター(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
テーマ/肘内側部障害の競技復帰と予防に必要なこと
柏口新二「内側側副靭帯損傷の診断と治療ー解剖と病態に則した治療を目指して」 
ディスカッション
  内側側副靭帯損傷の手術適応
  理学所見とり方+経過と投球負荷設定
  内側部障害予防に必要なことー投球動作と身体機能の関係
参加者/57名 

第9回野球傷害円卓会
日時・会場/2014年9月26日金曜日19:30~21:30
      東京新宿メディカルセンター(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
テーマ/投球動作からみた投球障害の要因ー痛みが出る動作
        情報提供:谷川哲也(JX-ENEOSトレーナー)
参加者/56名 

第1回野球トレーナー塾in首都圏案内
日時/2014年 9月8日(月)19:3021:30
場所:東京新宿メディカルセンター
第1回テーマ/①頭と身体の使い方の基本ー力を発揮するための考え
           ②投球障害の競技復帰ー手術適応はどう決まるか(肘MCLの事例など)
           ③質疑応答:指導・臨床での疑問など
講師/能勢康史(NPO法人 野球共育塾理事長) 

第8回野球傷害円卓会
日時・会場/2014年7月1日火曜日19:30~21:30
      東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
テーマ/投球障害からの競技復帰のマネジメント
         情報提供:鈴木智(船橋整形外科・理学療法士)
参加者/61名 

第7回野球傷害円卓会
日時・会場/2014年4月18日金曜日19:30~21:30
      東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
テーマ/投球障害からの競技復帰ー投球動作のための機能的アプローチー
        情報提供:笠原政志(国際武道大学体育学部/大学院 准教授
参加者/65名 

第6回野球傷害円卓会
日時・会場/2014年1月21日火曜日19:30~21:30
      東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
テーマ/投球障害の真の手術適応を考える(今回は肘UCLについて)
    ①現場と医療の手術適応の判断基準ー共通点と違い
    ②手術適応と診断された選手の競技復帰へのアプローチ 
         情報提供:谷川哲也
参加者/80名

第5回野球傷害円卓会
日時・会場/2013年1018日金曜日19:30~21:30
      東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
のテーマ/投球動作と身体機能のみかたー運動療法の体系化に向けて
     ① 渡辺幹彦:運動療法での投球動作の位置づけと身体機能の着眼点           
       能勢康史:運動療法の体系化には何が必要か(まとめ方の提案) 
参加者/54名 

第4回野球傷害円卓会
日時・会場/2013年7月3日水曜日19:30~21:30
      東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
テーマ/投球動作と身体機能のみかた
    ① 投球動作の着眼点と動きづくり:吉田コーチ
       球動作と身体機能の関係:木元理学療法士(横浜南共済病院)
参加者/55名

第3回野球傷害円卓会延長戦
日時・会場/2013年4月27日土曜日9:30~12:30 受付9:00開始
      東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)本館地下2階会議室
テーマ/野球肘の治療方針と競技復帰
          ①野球肘 概念の変遷 診断と対応について(柏口先生)
       病態別治療方針と競技復帰のプロセス(症例検討)
参加者/31名 

第3回野球傷害円卓会
日時・会場/2013年4月26日金曜日19:30~21:30
      東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
テーマ/投球動作のみかたと修正の考え(谷川トレーナー)
       投球動作の着眼点:現場と医療の共通点と違い
       投球動作への介入の留意点と修正の具体化
参加者/77名 

第2回野球傷害円卓会
日時/2013年1月9日水曜日19:30~21:30 
   東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室 
テーマ/投球障害の運動療法の体系化に向けて(菅谷先生)
       投球障害肩の機能のみかたの基本
        肩の運動療法のコンセプト
参加者/60名 

第1回野球傷害円卓会
日時/2012年10月31日 水曜日19:30~22:00
    東京厚生年金病院(JR飯田橋駅)別館1階リハビリテーション室
テーマ/勉強会の進め方、各氏の投球障害対応のコンセプト、成長期肘傷害の治療方針(柏口先生)
対象・参加費/初回はコアメンバー推薦者(野球に真剣に関わる方)限定・無料
参加者/47名

野球指導者講習会
日時:2012年1月20日(金)~22日(日)
主催:全日本野球会議技術指導委員会
会場:幕張メッセ


日時/
2010年3月5日(土)
14:0018:00 
テーマ/チームづくりと選手育成ー理念・動作・障害対応の基本
原初也(甲府工業高校総監督)  :チームづくりと投手の育成ー良い投手の条件と育成法
能勢康史            :野球動作安定のトレーニングー動作に必要な身体機能
吉村(川口工業病院整形外科)) :投球障害の当院での対応
米田(西武ライオンズ理学療法士):投球障害肩へのアプローチ
会場/川口市立南中学校
参加者/45名(現場28名、医療17名) 

日時/200年6月26日(土)14:3020:00
テーマ/野球選手の育成と障害予防
吉田孝司(元巨人)     :伸びる野球選手の条件と成長期の過ごし方
柏口新二(東京厚生年金病院):成長期野球肘の現状と課題ー野球肘検診の必要性と実際実技
               野球選手のみかた(診察、超音波)

会場/東京厚生年金病院第一会議室
参加者/参加者27名(現場6名、医療21名) 

日時/2010年2月13日(土) 15:0019:00
テーマ/プロになるための根を考える
内容下記の①②は能勢、③渡辺幹彦先生が30分位プレゼンし、質疑応答
①古典、老舗企業、スポーツに共通する根
②投球動作に必要な身体機能の重点ー運動パターンの着眼点とトレーニング
③投球障害対応のコンセプトー競技復帰と予防に必要なこと

会場/さいたま文学館文学ホール 埼玉県桶川市若宮1-5-9 JR高崎線桶川駅西口徒歩5分
参加者/36

日時/2008年1月27日(日) 14:3018:30  
テーマ/野球肘の対応と予防ー競技復帰の条件と再発防止を考える
内容/柏口新二「そもそも野球肘とは」
   能勢康史「野球肘のみかたと対応ー上肢の使い方とコンディショニング」
講師/柏口新二(東京厚生年金病院整形外科部長、少年野球選手の治療と予防に関わる)
場所/東京工業大学大岡山キャンパス
参加者/47

日時/2007年2月17日(土) 午後13:00受付開始 
テーマ/コーチングで人を育てるー選手の潜在能力を引き出すにはー
内容/第一部:コーチングの理論ー選手の能力を最大限に引き出すスキル
   第二部:コーチングの体験ーロールプレイで気づく力を高める
講師/清水隆一(清水隆一コーチングオフィス代表)
会場/浦和実業学園高等学校内、教育会館7FセミナールームA
参加者/34

日時/2006年5月27日(土) 午後1時30~5時  受付開始1230
テーマ/「スポーツ選手の父兄のサポートー成長期のからだづくり」
内容/奈良典子「スポーツ選手のからだづくりー父兄ができる栄養サポート」
   能勢康史「スポーツ選手のコンディショニングー発育とトレーニング内容」
講師/奈良典子(管理栄養士、明治製菓㈱ザバス、スポーツ&ニュートリション・ラボ)
主催/スポーツサポート機構
会場/亀印本店イタリア食堂2階(茨城県水戸市)
参加者/16 

日時/2006年5月20日(土) 16:00-19:00  受付開始15:30
テーマ/勝つピッチングー試合に強い投手は何を考え、どう調整しているか
講師/小柳津博史(NTT東日本ピッチングコーチ、約10年間エースとして活躍)
   能勢康史(コンディショニングコーチ、王子製紙野球部など)
主催/スポーツサポート機構野球事業部
会場/埼玉県立大宮高校(さいたま市大宮区天沼町2-323 ℡:048­641­0931
参加者/16

日時/2006年2月18日(土) 12:30~17:00
テーマ/「いい投手になるためのプロセスーピッチングとトレーニングの考え」
内容/講義「投手に必要な能力ー勝つピッチングと練習の考え」
   講義・実技「投手のトレーニングー投手に必要な体力とトレーニング内容」
  
  実技「トレーニングの実際とプログラムのつくり方」

講師/能勢康史(コンディショニングコーチ、王子製紙野球部など)
主催/スポーツサポート機構野球事業部
会場/茨城県結城市民情報センター3階イベントホール
参加者/35


東北

2回奥羽本気塾(野球指導者塾)
日 時/2016年2月27日(土)16:30~18:30
テーマ/子供の選手育成と障害への対応(野球肘検診の必要性)
     ~プロ野球選手の成長過程から学ぶこと~  
     情報提供 能勢康史(NPO法人野球共育塾理事長、日本野球連盟競技力向上委員会)
            中澤成史(なかざわスポーツクリニック院長、整形外科医)
            黒川大介(東北労災病院、整形外科医)
           前田周吾(青森労災病院、整形外科)
 象  本気の指導者を目指す方(医療関係者など含む)
主 催  奥羽本気塾 津軽支部 代表 菊池勲(㈶松下政経塾 27期生)
協 力  弘前大学医学部整形外科、NPO法人野球共育塾

第1回奥羽本気塾(野球指導者塾)
日時/2014年2月14日(土)18:00~19:30
場所:弘前学院聖愛高校 会議室
テーマ/頭と身体の使い方ー感覚と関節運動の関係
     ①野球パフォーマンスの構造と選手育成 
     ②投球・打撃の身体の使い方とトレーニング 
情報提供:能勢康史(NPO法人野球共育塾代表、日本野球連盟競技

日時/
20111120日(日曜日)
 受付開始10:30
テーマ/東北の野球の未来を考えるー野球選手の活動環境向上を目指して
柏口新二(東京厚生年金病院整形外科):上腕骨小頭障害の治療方針
黒川大介(東北大学):投球障害のみかたと対応ー当院での取り組み

シンポジウム「東北野球の未来を考えるー指導哲学とチームづくり」
渋谷良弥(青森山田高校総監督)

金沢成奉(光星学院高校前監督)

主催/野球共育塾、東北労災病院スポーツ整形外科
会場/仙台医健専門学校第二校舎(仙台駅徒歩10分)
参加者63名:現場28名(リトル5高校22大学1)、医療35名(医師14 PT17 Ns1 柔整3学生1

日時/
20101128日(土)
13:0018:00
テーマ/チームづくりと選手育成ー成果を上げるための根と練習法
金沢成奉(光星学院):勝つチームづくりと選手育成ー基本練習の必要性と実際
能勢康史      :野球動作のみかたとトレーニングー身体機能評価とエクササイズ
討論①選手育成の根ー東北の冬の練習のあり方と準備期の課題
  ②野球動作の基本ー動作の着眼点と基本を身につける練習法
  ③動作に生かすトレーニングーパフォーマンス向上に必要な身体機能
会場/北上市勤労者福祉施設サンレック北上
参加者31名(現場19名、医療12名)

日時/20101010日(日)9:0014:00
テーマ/投球障害からの競技復帰ー満足する投球のために必要なこと
菅谷啓之(船橋整形整形外科医):投球障害治療のコンセプトー運動療法の可能性と限界
宮下浩二(中部大学)     :投球動作からみかた投球障害ー股関節・体幹(胸郭)に着目して
会場/東京エレクトロンホール宮城(仙台市)
参加者/48名(医療48名)

日時/2010228日(日) 13:0018:00
テーマ/投球障害の対応と予防ー投球動作と身体機能に着目して
内容/山崎哲也:成人期野球肘の病態と治療方針ー競技復帰に必要な条件
   小野秀俊:投球障害の身体機能のみかたー障害予防のコンディショニング
   能勢康史:投球動作のみかたーパフォーマンス向上のトレーニグ
会場/松田病院エバーホール(仙台市泉区実沢字立田屋敷17-1 Tel:022-378-5666
参加者/61

日時/2010年3月6日(土) 16:0019:00
テーマ/東北の野球を発展するにはー自チームの強化と地域発展のつながり
内容/①指導者に求められる資質の根ー人間学をチームの強化に生かすには
   ②外傷の基本知識
会場/北上市文化交流センター さくらホール
参加者15名(指導者11名、医療4名)

日時/2009年6月21日(日) 14:3018:00
テーマ/成長期野球肘の対応と予防のために
内容 講義「成長期野球肘の診断と治療ー野球肘のタイプによる治療法の違い」
   講義+実技「メディカルチェックと障害予防ー野球肘のチェックポイント」
   ディスカッションー参加者の質問などに対する討論
講師/高原政利(山形大学医学部整形外科准教授)
会場/松田病院エバーホール(仙台市泉区実沢字立田屋敷17-1 Tel022-378-5666
参加者/33

日時/200931日(日) 1230 受付開始    1300 講習開始
テーマ/ 投手のつくりかた-投球フォームのためのトレーニング-
内容/福家大「投手の心構えとトレーニング-投球フォームづくりの重点」
   能勢康史「投手のトレーニング-投手に必要な身体機能とそのつくりかた」
会場/松田病院エバーホール(仙台市泉区実沢字立田屋敷17-1 Tel022-378-5666
参加者/28名(全員が会員とする制度に移行)

日時/200927(土) 16:0019:00
内容/勝つためのチームづくりー成功する人材は何をみているか
講師/能勢康史(野球コンディショニングコーチ、(有)プロサーブ代表)

会場/さくらホール 岩手県北上市さくら通り二丁目1番1号
参加者/12名(会員6、新規6名)
 
日時/2008525日(日) 受付開始13:30   講習開始14:00
テーマ/「投球障害肩の病態と治療ー肩のみかたと対応」
講師/渡邊幹彦(日本鋼管病院スポーツ整形外科)

会場/医療法人松田会松田病院(1階エバーグリーンホール)
参加者/48名(会員26名、一般22名)

日時/2008年2月16日(土) 14:0018:00
テーマ/チームづくりと選手育成ー勝つために必要な考え
内容/「チームづくりと指導哲学ー人づくりを勝つことにつなげるには」
講師/金沢成奉(光星学院高校野球部監督)
会場/花巻温泉ホテル千秋閣(岩手県花巻市湯本)  
参加者/21名(会員19、会員外2名) 

日時/2007年1月27日(土)
テーマ・内容/①チームづくりと指導哲学ー勝つ指導者の根にあるもの
            ②投手育成の考えー心理・技術・体力をどうつなぐか
講師/能勢康史
会場/北上総合体育館(北上総合運動公園内)
参加者/15名(指導者15名) 

日時/20061127日(日)
テーマ・内容/投手の育成ー投手の心構え、投球動作のみかた
講師/能勢康史

会場/岩手県北上市さくらホール多目的室
参加者/13 

日時/2006年1月29日(日) 10:3014:30
テーマ/「良い投手への道のりーピッチングの考えとトレーニング」
内容/杉浦正則「私のピッチング論ー信頼される投手になるために」
   能勢康史「投手のトレーニングー必要な体力とトレーニング内容・計画」

講師/杉浦正則(日本生命、投手として3大会のオリンピックに出場)

会場/岩手県北上市江釣子公民館
参加者/216

東海

日時/2010年2月27日(日)13:3019:00 
テーマ/「野球動作のみかたー感覚と関節運動の関係」
宮下浩二(中部大学):野球障害のみかたと対応ーメカニズムからアプローチを考える
能勢康史:投球・打撃動作の基本ー感覚と関節運動をつなぐ
湯浅貴博(王子製紙コーチ):打力向上のための練習法ー良い選手の共通点と心構え

会場/下条区画整理記念館(愛知県春日井市下条町3丁目9-1)
参加者/36名(現場20名、医療16名) 

日時/2010年2月20日(土) 16:3018:30 
内容/座談会形式
①庄司監督:21世紀枠選出までの経緯
②宮下先生:投球障害への対応:胸郭の機能
③川上選手:捕手の心構えとキャッチング

会場/王子製紙野球部寮(優春寮)
参加者/15名、ゲスト3名
 

日時/20081214日(日) 14:0018:00
テーマ/勝つチームのリーダーシップ~勝敗の境界には何があるか
内容/湯浅、鈴木「主将の役割と心構え~勝つために何をすべきか」
   ディスカッションー参加者の質問を受けながらテーマに対する討論
講師/湯浅貴博(王子製紙野球部コーチ:2004年都市対抗優勝時の主将)
       鈴木賢一(王子製紙野球部選手兼コーチ:2008年都市対抗準優勝時の主将)

会場/三重県立桑名北高校
参加者/13 

日時/2008年2月17日(日) 14:0018:00
テーマ/投球障害の対応と予防-現場と医療の適切な関係づくり
内容/岡戸「スポーツ障害の対応と予防-動作と障害の関係」
   能勢康史「投球障害のみかたと対応-投球動作と身体機能に着目して」
講師/岡戸(スポーツ医科学研究所、理学療法師)

場所/三重県立桑名北高校
参加者/24

日時/200712月9日(日)13:3017:00
テーマ/チームづくりー根・幹・枝
内容/家接順也「私の投手論ー勝つ投手の考えと育成法」
   能勢康史「投手育成のプロセスー目指す投手像と練習法」
講師/家接順也(JR東海野球部監督)

会場/岐阜県立長良高校
参加者/26
 
日時/20061216日(土) 14:00~18:00  受付開始13:30
テーマ/「投手の育成を考えるー信頼される投手の育て方」
内容/藤田貢「私の投手論ー投手の心構えと育成の考え」
       平野隆史「私の投手論ー投手の心構えと育成の考え」
       能勢康史「投球動作改善のためのアプローチー投球動作と身体機能の関係」
       ディスカッション「投手の育成を考える」
講師/藤田貢(王子製紙野球部ピッチングコーチ)

主催/スポーツサポート機構野球事業部
会場/四日市工業高校視聴覚室
参加者/32 

日時/2006年2月19日(日) 13:00~18:00
テーマ/「いい投手になるためのプロセスーピッチングとトレーニングの考え」
内容/講義「投手に必要な能力ー勝つピッチングと練習の考え」
   講義・実技「投手のトレーニングー投手に必要な体力とトレーニング内容」
    実技「トレーニングの実際とプログラムのつくり方」
講師/能勢康史(コンディショニングコーチ、王子製紙野球部など)
       小町裕貴(王子製紙野球部投手)

会場/三重県立桑名北高等学校
参加者/39

九州

第3回久留米スポーツ肩肘研究会
日時/2015613日(土)18:00
   九州野球の未来を語る会
場所:シーサイドホテルツインズももち
フィジカルチェック参加者:中学生の投手約10
勉強会参加者:指導者、医療関係者など約30
スケジュール[613日(土)]
18:0018:30 投手のフィジカルチェック
18:3019:30 勉強会 成長期の野球指導の基本と野球検診の必要性
主催 NPO野球共育塾 九州支部

第3回 はがくれ野球共育セミナー
日時:2012年1月15日(日)
会場:ドゥイング三日月