本文へスキップ

組織

役割

【代 表】
能勢 康史(日本野球連盟競技力向上委員会医科学部会委員、コンディショニングコーチ)


【事務局】

事務局長    工藤 建太(理学療法士)
事務局次長     中野 達也(理学療法士)
HP・会員管理 山下 茂雄(理学療法士)   

代表略歴

能勢 康史(のせ やすし) 

生年月日 1962(昭和37)年1124日(千葉県生まれ)

有限会社 プロサーブ 代表取締役(2006年設立)
日本体育協会アスレティックトレーナー(1995年取得) 

1984年(昭和60)国士館大学体育学部体育学科卒業
1992年(平成4)筑波大学大学院修士課程体育研究科修了
1986年(昭和62)千葉県公立学校教諭、1990年に千葉県公立学校教諭退職
2009年(平成21)日本野球連盟競技力向上委員会医科学部会委員 

●活動理念と経緯
 野球選手の活動環境向上のために必要な「野球に関わるプロの育成(人財)」と「野球現場と医療のネットワークづくり(社会環境)」を目標に活動を展開。野球選手に対応できる医療機関のスタッフが相互に連携し野球選手をサポートできるようネットワークづくりと成長期野球肘の早期発見と予防のための野球肘検診の普及に力を注ぐ。野球の指導者、トレーナー、医療従事者などの勉強会(NPO法人野球共育塾主宰)を各地で開催し(関わっている医療機関やチームのある地域)、野球のスペシャリストの育成(指導者・医療関係者)を行っている。1992年から野球中心の活動を行うが、当初は勝つことを目指し、選手のスカウト、チームマネジメント、コンディショニングや技術指導を行う。2004年(株)王子(愛知県春日井市)で第75回都市対抗野球大会で優勝を経験し、一つのチームの勝利(私)から社会全体の環境づくり(公)の活動に移行。次世代を担う人間力のある人財の育成が使命。 

●医療機関の活動
 なかざわスポーツクリニック(青森県八戸市)、横浜総合病院(横浜市青葉区)、笛吹中央病院(山梨県笛吹市)にて、野球選手の障害からの競技復帰に向けてのコンディショニング指導とリハビリスタッフ育成のための活動を行う。地方の医療機関で不足するスポーツ専門の整形外科医に診療を行って頂くためのマネジメントも行う。医療機関のスタッフを野球チームに派遣するなど現場と医療の良好な関係づくり(ビジネスモデル)を推進し、野球選手の活動環境向上のための活動も展開。 

●野球チームの活動
 1992年(平成4)年より野球のコンディショニグコーチとして活動を始め、主に国士館大学野球部(1992年〜2005年)、水戸短大付属高校野球部(1995年〜2005年)、王子製紙野球部(1997年〜2006年)住友金属鹿島野球部(1999年〜2003年)で選手の指導に携わる。現在は選手への指導は行うがアドバイザー的に関わり、チームのスタッフ(指導者・トレーナー)の育成に重点を置いて活動している。花巻東高校(岩手県)、県立山形中央高校(山形市)、弘前聖愛高校(青森県)、明秀日立高校(茨城県)、横浜市立戸塚高校、東北福祉大学(仙台市)、上武大学(群馬県伊勢崎市)、(株)オールフロンティア(埼玉県春日部市)に関わり、選手育成のサポートを行う。1992年から現在までに関わったチームの中からプロ野球選手44名(ドラフト1位6名)が出ている。 

●執筆活動
 「野球の医学」監修、文光堂、2017年。トレーニングジャーナルにて「投手のつくりかた(2007年1月号〜2008年2月号)」「指導者に学ぶ〜勝利の哲学と人づくり(2007年2月号〜2008年6月号)」。スポーツメディスンでは「投球障害への対応と予防のために(no89no11)」。日本体育協会公認アスレティックトレーナーテキスト、第7章野球も執筆。