本文へスキップ

野球基礎勉強会(フォローアップ研修) 案内

趣意
 野球基礎勉強会では投球障害に対応することができる人材育成を到達目標とし昨年度より開始いたしました。この勉強会では、トップレベルや難治例への対応ではなく、スタンダードな投球障害を有する選手へのエクササイズ指導、評価、病態を理解してサポートが可能になることまでと位置づけております。病態では、成長期、成人期の投球障害の分類を提示し、その中でも特に医療機関や現場で多く対応する病態に焦点をあてております。具体的には、成長期ではリトルリーグ肩・肘や離断性骨軟骨炎といった骨軟骨障害、成人期では後方タイトネスを起因とした肩の痛み(前方の痛み、インピンジメント)、肘では内側部の障害(UCL、回内筋)、後方部の障害(肘頭疲労骨折、骨棘障害)を学びます。
 評価ではエピソードやチームにおかれている立場、復帰までのストーリーなどの問診の進め方などの対話力からはじまり、スタンダードな評価方法を習得する。エクササイズ指導に関しても評価と同様にすすめていきたいと思います。
 また、今年度は更に「野球医学講習会」を企画致しました。野球医学講習会で学んだ後にフォローアップ(実技を中心とした研修)を野球基礎勉強会に含め行いたいと思いますので、野球医学講習会と併せて基礎勉強会への参加もよろしくお願いいたします。 

内容/投球肩障害の評価

講師:山下茂雄NPO法人野球共育塾 理学療法士)
@ 一般的な理学療法評価のみでは対応できない投球肩障害の為の評価
A  効率的な評価方法の進め方
B  各評価項目の実技 

場所/横浜総合病院 リハビリテーション科  

日時/H30124日(水) 19:0021:00  

対象第1回野球医学講習会 参加者 

参加費 /一般3000円 野球共育塾会員2000円 学生1000円(学生は野球共育塾会員のみ) 

申し込み/希望される方は、H30/1/22(月)までに下記へメールをお願いします。 

連絡先/塩谷直久(横浜総合病院 理学療法士)maettd0912@yahoo.co.jp